ブログ

 

世界を歩く公民館 アイルランド編

10月31日(木)、日吉台公民館との共催で「世界を歩く公民館 アイルランド編」を開催しました!

お話をしていただいたのは、てぃあの英会話教室で講師をしていただいているデニース先生です!

 

アイルランドについて、またアイルランドが起源と言われているハロウィンについて、たくさんの写真と一緒に紹介していただきました!

ドライフルーツとおみくじが入った「バームブラック」というパンの振る舞いも(^^)

35名の市民が参加し、「お話がとても楽しく、アイルランドについてよく知ることが出来た」との声が上がっていました!

 

 

世界を歩く公民館 オーストラリア編

10月6日(日)、南大冠公民館との共催で「世界を歩く公民館 オーストラリア編」を開催しました!

講師をしていただいたのは、姉妹都市トゥーンバ出身の、京都両洋高等学校教諭、ピーター先生です!

 

オーストラリアの歴史、文化、自然、スポーツなどについて、ピーター先生がオーストラリアで生活されていた時のお話も交えながら、楽しく話していただきました(^^)

参加した市民は27名でした。皆さん熱心に講演を聞き、たくさんの質問も飛び出す等、大好評でした!

 

 

高校生外交官が高槻市の魅力を紹介!

市内在住の高校2年生、向山翼さんが文科省やアメリカ大使館が後援している「AIG高校生外交官プログラム」に参加されました!
向山さんは来日しているアメリカの学生向けに、高槻市の古墳や特産品についてのプレゼンテーションをして、高槻市の魅力をたくさん伝えてくださいました!
9月19日には、たかつきPR係長のはにたんを表敬訪問して、活動報告もしてくださいました!
 
13日間のプログラムで多くの体験や交流をしたことで、人との関わりや積極的になることの大切さなどを学ぶことが出来たとのことです!
 
 

わくわく英語DEキャンプ!!2019

 
9月7日(土)、8日(日)、NPO法人ノート(高槻市青少年教育団体)との共催で「わくわく英語DEキャンプ!!」を実施しました!
会場は摂津峡青少年キャンプ場で、市内の小学生31人が参加しました。
 
キャンプ場に到着!管理指導員の方の説明の後、テントを組み立てました
 
今年もフィリピン人の先生5名、ニュージーランド人の先生1名に来ていただきました
まずは簡単なゲームをしながら英語で自己紹介!
 
お弁当を食べた後、英語を使ってじゃんけん列車!
 
仲間のジェスチャーを英単語で言い当てるGesture Gameと、「What is this?」に英語で答えながら競走するBalloon Words Game!
 
フィリピンで人気のJack StoneとPaper Cup Sling Shot!
 
 
 
ハヤシライスとTuron(バナナ春巻き)もおいしくいただきました(^^)
夕食後はマジックショーも!
 
キャンプファイヤーでは「もえろよ もえろ」を歌い、ニュージーランドのHakaで盛り上がりました!
先生たちと遊びながら楽しく英語と異文化に触れられたキャンプでした(^^)


 

高槻まつりで子ども石見神楽上演と姉妹都市特産品販売!

今年も高槻まつりに合わせて益田市匹見中学生団が来訪し、石見地方の伝統芸能である神楽を上演しました!
 
演目は「大蛇(おろち)」。迫力のステージでした!
 
また桃園小学校グラウンドの出店ブースでは、益田市と若狭町の特産品販売も行われました!
暑い2日間でしたが、多くの市民が来場し、姉妹都市の文化とおいしい特産品を楽しんでいました(^^)


UMAP-COIL留学生が来訪!

UMAP-COIL(アジア太平洋大学交流機構のオンライン国際交流学習)プログラムの参加者11名を関西大学が受け入れ、7月29日(月)に高槻市を訪問、高槻市産業振興課とてぃあで観光プログラム等を実施しました!
 
摂津峡散策
 
長楽寺で数珠作り体験
 
酉島製作所でSDGs(持続可能な開発目標)関連事業について視察
参加者達は、日本の美しい自然を楽しみ、企業視察等をとおして貴重な体験が出来たと話していました(^^)


三島高校がトゥーンバ市で語学研修を実施!

 
三島高校が実施する姉妹都市オーストラリア・トゥーンバ市での語学研修の参加者対象で、7月17日(水)、石下副市長による激励式が行われました。
8回目となる今年の研修期間は7月20日(土)から8月3日(土)までです。22名の参加者が1人1家庭のホームステイで滞在しながら現地大学のプログラムに参加し、トゥーンバ市長表敬や現地学校訪問等も行う予定です。
またこのプログラムは、てぃあの交流事業助成金の交付も受ける予定です。
石下副市長からは、「自分自身の成長のため、また高槻市の代表として両市の友好交流の更なる発展のため、精一杯頑張ってきてください」との激励の言葉があり、濱田市長からトゥーンバ市ポール・アントニオ市長宛ての親書も託されました。
 
 

ハイフィールズ州立学校児童団が来訪!

 
7月5日(金)、姉妹都市オーストラリア・トゥーンバ市から、ハイフィールズ州立学校の児童団が来訪しました!
日頃から日本語や日本文化を学習している生徒対象に行われた日本ツアーで、高槻滞在中に市長表敬、郡家小学校との交流、今城塚古墳の見学を行いました(^^)
 
高槻市長表敬
 
 
今城塚古墳ではボランティアガイドの方に英語で案内をしていただきました!
 
 
 

関西大学留学生ホームステイプログラム!

 
6月22日(土)~23日(日)、29日(土)~30日(日)、2つの日程で関西大学留学生ホームステイプログラムを実施しました!
高槻にもキャンパスを有する関西大学と連携し、留学生24名にてぃあ登録ホストファミリーのご家庭で1泊2日のホームステイを体験していただきました(^^)
 
 
ホストファミリーとの対面前、午前中に高槻観光を行いました!
今城塚古墳にて、ボランティアガイドの方に英語と日本語で説明をしていただきました(^^)
 
勾玉づくりにも挑戦!
 
お寿司のランチを食べ、明治大阪工場のビッグミルチ前で記念撮影!
 
緊張の対面式!
 
ホームステイ中は、観光をしたり、ご家庭で料理やゲームをして一緒に過ごしたり、お互いの国や文化について話をしたりして、楽しい時間を過ごされたようです(^^)
皆さんもホームステイの受け入れをして、楽しく交流しながら異文化理解をしてみませんか??
 
 

国際交流写真展が開催されました!

6月5日(水)から10日(月)まで、2019高槻光影社 国際交流写真展が開催されました!
高槻市の作家25名の作品に加え、姉妹友好都市およびモンゴル国の作品、合わせて約100点が展示され、1,407名もの市民が来場し美しい作品を楽しみました(^^)
 
高槻光影社はトゥーンバ市で開催された写真展にも作品を出展する等、交流を続けています!
 
 

職業体験学習!

6月25日(火)と26日(水)、五領中学校2年生の桐野律希さんに職業体験に来ていただきました!
 
海外の姉妹友好都市の担当者とのメール連絡、英会話教室講師のお手伝い、英会話教室参加者向けのイベントの案内など、様々な業務に取り組んでいただきました。
どの業務も責任感を持ってしっかりと取り組んでくれました!
今回の体験が、今後の進路について考えを広げられるきっかけになれば幸いです(^^)
 
 

若狭に泊まろう!(8)

お昼ご飯の後は、料理で使わなかった野菜で動物に餌やりをしました!
 
そしてお世話になった宿泊先の皆さんにお礼の手紙!
楽しかったことと、感謝の気持ちをたくさん書きました(^ ^)
 
そして先ほど高槻に無事に到着!
皆さん2日間お疲れ様でした!
またご家族でも若狭町を訪れてみてください(^ ^)


若狭に泊まろう!(7)

早いもので農家の皆さんとお別れ!
楽しい体験ありがとうございました!
 
かみなか農楽舎に到着し、まずは豚汁用の野菜を収穫!
    
そして餅つき体験!
 
 
 
 
みんなで力を合わせておいしいお昼ご飯が出来ました!


若狭に泊まろう!(6)

おはようございます!
みんな元気に朝ご飯でした(^ ^)
 
 
 


若狭に泊まろう!(5)

夕飯後も梅煮、よもぎ饅頭作り、星空散策など楽しみました(^ ^)
 
 
あっという間の一日でした!
明日はかみなか農楽舎でのプログラムです!


若狭に泊まろう!(4)

 
もちろん夕飯の準備もしっかりお手伝い!
 
 
おいしくいただきました(^ ^)


若狭に泊まろう!(3)

お手伝いや体験プログラムをとおして若狭の自然を満喫しています!
 
 
 


若狭に泊まろう!(2)

いよいよ農家の皆さんと対面!しっかりと挨拶をして、体験プログラム開始です!

 

きちべさんでは、干し大根作り

 

ここいろさんでは、陶芸体験

 

三九郎さんでは梅の剪定のお手伝い、勘兵衛さんでは木の鉛筆作り


皆さん楽しんでいます(^ ^)



若狭に泊まろう!(1)

今年も若狭に泊まろう!がスタートしました!
高槻の小学生20名が1泊2日の農家宿泊体験のため、姉妹都市若狭町を訪れています(^ ^)
 
無事に到着!海浜自然センターで若狭町観光交流室の原田室長と、観光協会の鈴木さんが出迎えてくださいました!
 
 
 
 
海藻おしば体験の後、館内を見学し若狭湾の生き物に触れて楽しみました!

 

マニラ市 姉妹都市提携40周年

 

高槻市とマニラ市の姉妹都市提携40周年を記念して、2月14日(木)、石下副市長を団長とする訪問団がマニラ市役所を訪問し、両市姉妹都市提携のきっかけとなった「高山右近像」が設置されているプラザ・ディラオ(日比友好公園)での記念式典に参加しました。

 

現在、プラザ・ディラオ周辺では、高速道路建設が行われており、高槻市より寄贈された「高山右近像」についても移設・残置に関する多くの議論が現地で行われていましたが、結果として、高山右近像は日比友好の象徴としてプラザ・ディラオに残置され、周辺の公園は再整備されることとなりました。

 

高山右近像の適切な保存、管理にご尽力いただいている現地の皆様に深く感謝いたします。

 

 

海外協力グループ“クスクス”創立20周年記念行事

 

2月10日(日)、生涯学習センター多目的ホールで、海外協力グループ“クスクス”の創立20周年記念行事~新しい時に向かって~が開催されました!

クスクスでは在住外国人の日本語学習の支援などの活動を行っています。

 

第1部は日本語学習者によるスピーチ大会でした。

皆さんご自身の国や文化、日本での生活、仕事や夢などについて、堂々と発表をされていました(^^)

 

第2部はパフォーマンスです!

合唱、落語劇

 

書道体験の発表、ギター演奏と歌

 

留学生の方による自国紹介、踊り

 

最後は全員で阿波踊りを踊り、会場は一つになりました(^^)

 

 

フィリピンの若手行政官が高槻市を訪問

 

2月8日(金)、JENESYS2018招へいプログラム第21陣(主催:外務省 受け入れ実施:一般財団法人日本国際協力センター)に参加しているフィリピンの若手外交官等19名が、フィリピンの首都マニラ市と姉妹都市である高槻市を訪問し、姉妹都市提携のきっかけとなった高槻城主 高山右近と姉妹都市交流の歴史などについて学びました。

 

午前中:高山右近、姉妹都市交流についての講義

 

 

午後:市長表敬、高山右近関連施設視察

 

最後ははにたんも参加し、和やかな雰囲気で一日の行程を終えました。

フィリピンには無い寒い冬の一日でしたが、参加者の方々は高槻市の歴史や文化に触れ、感慨深く次の目的地へ移動されました。

 

 

ヒアトゥーンガカレッジ学生団のホームステイ!

 

1月21日(月)から27日(日)、ニュージーランド・アッパーハット市のヒアトゥーンガカレッジから学生10名が来訪し、てぃあ登録ホストファミリー8家庭のお宅でホームステイをして過ごしました!

学生の皆さんは日頃から日本語を勉強されていて、大阪京都の他に北海道、東京、広島などを周る日本ツアーのために来日しました。

2004年頃から2年毎に、てぃあで受け入れをしています(^^)

 

緊張の対面式

校歌とマオリの踊りを披露していただきました(^^)

 

ホームステイ中はお互いの国の文化について話をしたり、一緒に食事を作ったり、観光をしたり、楽しい時間を過ごしていただきました!

 

あっという間の一週間。お別れの朝、学生団から感謝のスピーチと、写真とメッセージ付きの旗が贈られました。

 

お別れは名残惜しかったですが、新しい家族との楽しい思い出、これからの交流のきっかけを作ることが出来ました(^^)

 

 

阿武山図書館「えいごであそぼう おはなしかい」

1月26日(土)、阿武山図書館のおはなししつで、絵本の読み聞かせ(英語と日本語)を行いました!

京都両洋高校から、姉妹都市オーストラリア・トゥーンバ出身のピーター先生に来ていただき、英語の読み聞かせを担当していただきました(^^)

 

一つ目のお話は、「おおきなかぶ」

Oomph and a hoomph and a double-de-oomph!(うんとこしょ、どっこいしょ)

同じ言葉が繰り返し出てくると楽しいですね(^^)

 

 

みんなで「あたま かた ひざ ぽん」をやってみました!

英語では「Head, Shoulders, Knees and Toes」と言いながら遊びます(^^)

 

 

二つ目のお話は「なにをたべてきたの?」でした!

果物や色など、簡単な英語はみんなよく知っていました(^^)

 

 

最後に「Bye Bye Goodbye」という歌を歌いました!

みんなで英語を楽しむことが出来たと思います!

また会いましょう(^^)

 

 

関西大学留学生ホームステイプログラム!

 

12月8日(土)、9日(日)に、関西大学留学生ホームステイプログラムを実施しました!

2回目の今回は11名の学生さん達を招き、高槻観光プログラムと、てぃあ登録ホストファミリー8家庭のお宅で1泊2日のホームステイを体験していただきました(^^)

 

8日の午前中、1,300年以上の歴史がある、神峯山寺で座禅体験をしました。

 

 

ご住職から、仏教と他の宗教との違い、座禅で自分を見つけること、についてお話をしていただきました。

 

座禅で一番大事なのは「呼吸」とのこと。集中して数を数えながら行います。

学生の皆さんは、「集中できた!」、「どうしても色々なことが頭に浮かんできて難しかったけど貴重な体験が出来た!」などと話していました。

 

お昼はお寿司をいただきました(^^)

 

そしてホストファミリーとの対面式。皆さん緊張しながらも挨拶をしていただきました!

 

 

週末は少し寒かったですが、学生の皆さんはホストファミリーと摂津峡や今城塚古墳、京都を訪問する等して楽しみました。

ホームステイで一緒に過ごし、お互いの国の文化や食事についても話をして、貴重な交流の機会となりました!

 

 

中学生英語スピーチ大会が開催されました!(スクールフェスタたかつき2018)

12月1日(土)、中学生英語スピーチ大会が開催されました!

Story Telling、Song、Show and Tell、Skit、Speechの5つの部門があり、39名の参加者が日頃の学習の成果を発表しました。

 

 

皆さん発音や流暢さ、ジェスチャー等を使った表現も素晴らしかったですが、内容についても、世界で起きている問題や自分の夢など、非常によくまとめられており気持ちが伝わる発表でした。

緊張もあったかもしれませんが、本番まで準備と練習を頑張った過程も今後に活かせることでしょう!

 

今年はベストスピーチ賞の他、国際交流や異文化理解をテーマに素晴らしい発表をされた参加者に国際交流特別賞が贈られました。

皆さんお疲れ様でした!

 

 

トゥーンバ市代表団が来訪しました

 

11月8日(木)~13日(火)、高槻市制施行75周年の祝賀と大阪府北部地震のお見舞いのため、姉妹都市トゥーンバ市からポール・アントニオ市長はじめ、商工会議所の副会頭やアボリジニパフォーマーなど13名が高槻を訪問しました。

 

高槻市長を表敬訪問。

 

災害寄附金の授与。

6月18日に発生した大阪府北部地震の後、トゥーンバ市ではトゥーンバ東ロータリークラブが中心となり高槻市の復興のための募金活動が行われました。合計1,314,220円もの募金が集まり、トゥーンバ東ロータリークラブと兄弟クラブであり長く交流を続けている高槻ロータリークラブをとおして高槻市に寄附されました。

 

カンガルーの皮で作られた「バンダー」という神聖なギフトもいただきました。

 

高槻市議会正副議長を表敬訪問。

 

三島高校を訪問。アボリジニの方々によるパフォーマンス。

 

ペインティングやダンスをとおして、遥か昔から受け継がれてきた自然・人々との繋がりの大切さを表現していただきました。

 

代表団は11日(日)に史跡嶋上郡衙跡で開催された農林業祭も訪れました。

 

例年同様、益田市と若狭町の特産品販売も行われており、多くの人で賑わっていました。

 

アボリジニパフォーマーと高槻太鼓の交流。

 

 

 

真上小学校、冠中学校、西大冠小学校も訪問し、アボリジニの方々にパフォーマンスをしていただきました。

高槻市とトゥーンバ市とは今年、姉妹都市提携27年目を迎えました。今回の訪問をとおして、スポーツや文化等の分野で築かれてきた友好を更に深めていくことを両市で確認し合いました。

 

 

トゥーンバU3Aが来訪しました!

11月4日(日)、姉妹都市トゥーンバからU3A訪問団16名が来訪し、てぃあの英会話教室に通う市民15名と交流しました!

 

U3AとはUniversity of the Third Age(第三世代大学)の略で、定年後の世代が参加し様々な生涯学習を行っています。今回のグループは日本語学習のグループで、2週間の日本ツアーに際して姉妹都市である高槻を訪問してくれました。てぃあの英会話教室の参加者とは、これまでにSkypeでの会話交流も行っています。

 

緊張の対面!

 

一緒に今城塚古墳を訪れました。

 

そして交流会。日頃の語学の学習やお互いの街のこと、家族のことなど、話は尽きません(^^)

 

お別れ。短い時間でしたが連絡先も交換し、貴重な交流をすることが出来ました!

 

 

トゥーンバ市グラマー校サッカー団(U-13)が来訪しました!

 
9月22日(土)~25日(火)、姉妹都市トゥーンバ市の由緒ある男子校、グラマースクールからサッカー団(U-13の選手20名、スタッフ5名)が来訪し、高槻の選抜チームと親善試合を行い、また、てぃあ登録ホストファミリーの家庭でホームステイをしました!
 
濱田市長を表敬訪問。お互いの記念品贈呈の後、選手から濱田市長に、ポール・アントニオ トゥーンバ市長からの親書が手渡されました。
 
高槻市サッカー連盟の北𦚰会長からも記念品が贈られました。
 
 
ホストファミリーとの対面式。選手は2人1組となり、10家庭のホストファミリーに受け入れをしていただきました。
 
高槻の選抜チームとの親善試合。高槻の選手は強く、グラマー校は苦戦していましたがとても良い試合でした!また両市の選手同士で記念品交換や簡単な会話をして、交流を楽しんでいました(^^)
 
短い滞在ではありましたが、ホストファミリーともショッピングや家庭料理を一緒に楽しみ、お互い貴重な体験が出来ました!